採血バイト|献血ルーム、健診センターなどの看護師バイト

人気の看護師バイト、採血だけのバイト

看護師としてアルバイトをお考えの方で採血だけのアルバイトを希望の方に健診バイト、採血バイトや血圧測定バイトなどの探し方を紹介しています。

 

採血バイトはほとんどの場合、健診バイトか採血ルームで、健康診断シーズンに多く募集が掛かります。採血だけのアルバイトをお探しなら健診バイトを探せば比較的簡単に見つかるのではないでしょう?
特に健診看護師バイトの中でも採血は重要視されているので採血だけのアルバイトでも十分採用可能です。逆に血圧測定の身のアルバイトだと難しいかも知れません。

 

健康診断の現場では、採血が一番手間とスキルのいる看護師の仕事でも有るので採血のみで働きたい看護師さんは喜ばれますよ!

 

また、病院勤務の採血バイトも探せば求人を探す事も出来ます。1日3時間、週に数回勤務の募集を探す事が出来ます。

 

病院の採血室での採血バイトは単発やスポットはほとんどありませんが、採血のみのアルバイトで短時間でも働ける看護師バイトとして人気が有ります。

 

※では、この様な健診バイトや採血バイトはどこで探せばよいのか?
採血のみのバイト、健診バイトや採血室のバイトは、ハローワークやナースバンクなどでは募集を探す事は出来ません。多分

 

採血バイトなど単発でも出来る看護師バイトは、非公開の場合が多く、看護師求人サイトなどに登録後の紹介になる事がほとんどです。
採血バイトをお探しなら、下記の健診バイトや採血ルームのアルバイトなど1日数時間バイトや高額バイトの紹介に実績のある看護師求人サイトをご利用になる事をおすすめしています。同じような条件でも待遇、時給などが良い求人が豊富です。


採血バイト、健診バイトに強い看護師求人紹介サービス

MC─ナースネット

 


採血バイト、採血ルームのアルバイトの募集は、それ程たくさん募集が有るわけでは有りません。採血バイトを探し始めて求人募集数が少ないと思われた方も多いと思います。

 

そこで、採血バイトや健診バイトなどの募集の紹介が出来る看護師専門の求人紹介サービスを紹介しています。

 

MCナースネットは、アルバイトと派遣紹介、両方が出来る看護師求人紹介サービスとして人気が有ります。
健診バイトや採血バイトの紹介でも実績が豊富で当サイトでも登録者数トップで利用者の満足度も高く安心して利用出来る看護師求人サイトです。
1日3時間から働ける採血バイトなど働き方の自由度がある求人探しにお役立て下さい。

 

※献血のアルバイトでの単発、スポット求人の取り扱いは有りません。

 

      

 


 

看護のお仕事派遣

 


看護師求人紹介サイトの中でも利用者満足度の高い「看護のお仕事」の派遣紹介部門です。
採血バイトや健診バイト、献血ルームバイトなどのほとんどが派遣紹介です。特に単発、スポットで採血バイトをお考えの方は、派遣紹介が便利です。
時給も高くあなたの希望に近い求人紹介が可能なので求人探しの手間を省く事も出来ますよ!

 

看護師派遣は、時給も条件的にも優遇されている事がほとんどで、採血バイトをお考えなら看護師派遣の登録をおすすめします。

 

       

献血ルームでの採血サイト

看護師として採血だけの仕事をお探しなら献血ルームの採血バイト求人は募集数も多く探しやすい求人ではないでしょうか?

 

全国ほとんどの地域に献血ルームは有りますよね!献血ルームでの看護師求人やアルバイト募集を探せば採血だけ、短時間のアルバイトなども探す事が出来ます。

 

献血ルームの看護師求人はハローワークの求人でも探す事が出来ると思いますが、条件などや働く時間、働き方を絞られる方は、看護師専門の求人紹介サービスが便利です。
献血ルームの看護師求人や採血バイトなどは以外に人気がある看護師求人です。お目当ての職場などがあるのなら当サイト紹介の看護師求人サイトに登録後、希望の職場や働き方を専任コンサルトさんに相談する事をおすすめします。

 

看護師の採血バイトの定番、献血ルームの求人探しは、下記紹介の看護師専門求人サイトの利用が有利です。登録後のサポートもしっかりしているサイトを紹介していますので安心してご利用下さい。

 

献血ルーム、献血バイト求人はこちらから


看護師の採血バイト経験談

病院の採血ルームのバイト(午前中のみ)

私が採血バイトをしていたのは、病院の採血室です。そこでバイトをしたいと思ったのは、短時間だけのバイトを希望した時、午前中だけ行う仕事だったからです。

 

採血というと、病棟勤務をしていた時に、実施をしていたので、ある程度は出来ると思っていたのですが、少しブランクがあったので、そこで通用するだろうかと、心配はしたのです。

 

しかし、実際に行ってみると、一日でその採血の勘というものを、取り戻すことができました。やっぱり長年採血をしたことがあると、その勘というものは、直ぐに取り戻すことができます。そのことが分かってからは、本当に楽しく仕事をすることができました。

 

看護師として、何が得意と聞かれた時、採血と答えることが優越感となりました。患者さんからもしたわれて、私の採血をお願いしたいと言われるようになり、そのことについて看護師として、さらに自信をもつことができています。

 

採血というと、単純な作業のようですが、取りにくい人がいたりすると、どのようにすれば採血をすることが出来るだろうかと、プロの視点で考えることが出来るので、その点では、やる気をもつことができました。

 

勤務としては、朝から昼までとなっていたので、午後の2時には自宅に帰宅することができました。こどもの幼稚園のお迎えも心配することなく行くことができ、本当に良いバイトであったと思っています。

 

そのため、これからもしも、バイトをするとなった時には、また再び採血のバイトをしたいと、真剣に思っています。

 

※ブランクがある看護師さんに最適

私は転職をしようと考えたときに、前職と次の職の間に半年間の空白時間がありました。この時に、献血センターのアルバイトを行ったのです。献血センターの看護師の仕事には二つの仕事があります。

 

一つは献血センター内で献血者の対応をすること。もう一つは、献血センターのバスに乗って、どこかの場所に行き献血に来る人に対応することです。私はこの献血センターのバスに乗っていくアルバイトをしました。
献血センターは基本日曜日は休みであるために、週末休みが欲しい人、育児中の人などが主に看護師で働いていると聞きました。

 

しかし献血センターのバスは、イベントなどで日曜日も移動することがあり、私のようにアルバイトの人や週末休みがなくてもよい人が働くということでした。献血センターのバスは、いろんなところに行くことをこの時初めて知りました。
ある時は会社に訪問して献血をしてもらったり、ある時はイベントに、またスーパーやショッピングモールなどの一角を借りて献血を行うこともありました。

 

この時は多くの方が献血に関心を持ってくれて、献血を行ってくれるので、採血担当の私の業務も大変忙しかったです。もともと採血など好きだった私は、少しは採血に対しても自信があったので、向いていたかもしれません。こなしていくだけで、一日があっという間に過ぎていき、アルバイトでしたが充実した仕事でした。また県内ですが、遠方に行くときには、手当も支給されたので、アルバイトとしても魅力のある仕事でした。

 

※看護師免許で高時給バイト

学生時代に、看護師免許を取得してから、さらに、大学院へ進みました。

 

大学院時代は、看護師免許を活かして、献血での血液採取や、

 

健康診断での血液採取のアルバイトをしてお金を稼ぎました。

 

これは免許がないと、できないアルバイトなので、普通のアルバイトに比べ時給は良いです。

 

そのおかげで、大学院の学費も自分で稼ぐ事ができました。

 

現在は看護師の指導をする立場にあります。

 

実務経験はあまりなく、看護学の研究をしたり、看護に関する授業の講師をしています。

 

本格的な病院での看護師業務は無理ですが、依頼があった時のみ、時々献血ルームでの採血のアルバイトをします。

 

看護師は今人手不足で、簡単な採血に来てくれる方があまり集まらないそうです。

 

採血をする看護師がいないと、献血自体が成り立たないので、やりがいを持ってアルバイトをしています。

 

ある時は、自分が受け持っている講義の学生が急に具合が悪くなり、保険医もいない時間帯でしたので、症状に合った、市販薬を飲ませて、休ませてあげたこともあります。

 

その際は学生にも本当に感謝されました。

 

さらに、同じ講義先で、健康診断のために、採血をするという事がありました。

 

学生さんがたくさんおり、講義の合間に集中して健康診断を受けにくるので、講師を改め急きょ看護師として採血したこともあります。

 

健康診断は、健康な学生さんが受けに来るので、あまり、深刻な看護師業務とは言えないです。

 

外来などを受け持つ看護師に比較して、採血だけの作業と言うのは気持ち的には楽なものです。

 

血を見慣れている看護師にとっては、一番初歩的な作業なのではないでしょうか。

 

このように、講師をしていても、突如白衣の採血者に変貌できますので、看護師免許は、役に立ちます。

 

真面目に、看護師不足を解消したいと考える、看護学者からの一言です。

 

※献血センターの採血バイト

私は赤十字系の病院で看護師をしていました。その総合病院の横には、献血センターがありました。そのため献血には凄くなじみが深かったのです。
私は妊娠を気に切迫の恐れが度々あったので、病院での仕事をやめざるえませんでした。私は看護師という仕事が好きなので、ずっと仕事をしていたかったけれど、病棟にも迷惑をかけてしまうので、続けることができませんでした。
私が退職を申し出たとき、人員を確保しなくてはいけないので、すぐに退職というわけにはいかない、でも赤ちゃんのことを考えてすぐに補充を考えるので、少し時間が欲しいと病棟から言われたのです。
また通常の仕事はできない旨を伝えると、病棟から出向という形で、献血センターの採血のアルバイトを頼まれたのです。

 

採血のアルバイトですと、ずっと座ったまま患者さんの採血投資ていればいいので、私の身体への負担も軽いと考え仕事を受けることにしました。
実際やってみると、病棟と比べてなんと楽な事でしょう。動き回ることもなく、ナースコールもないので、自分のペースで仕事を進めていくことができます。

 

また平日の昼間は、訪れる献血者もそれほど多くはないので、私一人でも十分対応できるほどでした。本当なら病棟業務ではなく、いっそのこと献血センターの勤務にしてほしいと思ったくらいでしたが、それは無理だったので、短期間でしたがアルバイトで勤務を終了しました。もし育児を終えて、復帰するときには、献血センターの求人があればいいなと思っています。

 

※番外編、献血ルームの受付

割と大きな献血ルームの受付の仕事を人材派遣会社を通して紹介してもらいました。

 

時給は1,000円です。

 

でも、エアコンの効いた場所で座ったままの仕事ですから、悪くはないと思いました。

 

簡単な掃除もしますので、座りっぱなしというわけではありません。

 

毎日の業務は打ち合わせから始まります。

 

今日はどの程度の献血が必要なのか、何型の血液が必要なのかといった話がありました。

 

献血希望者が来てくれた際に、献血カードのチェックから始めます。

 

直前の食事で脂っぽいものを食べたら献血はタイミングをずらすか、日を変えてもらわなければなりません。

 

体重が少なくなってしまった人は希望量の採取が出来ないことも。

 

成分献血なども、条件があるので大切なチェック項目です。

 

また、前回の献血から充分な日数が経過していないと協力はお断りすることになります。

 

こんなやりとりをし、初めて来ていただいた方には献血手帳を作成し、一通り説明を行います。

 

血液型検査をする了解も得ます。

 

割と常連さんが多く、フルで説明をしなくてはならない人は1日に何人もいません。

 

みなさん、献血ルームでの過ごし方を心得ていて、リラックスしています。

 

成分献血で時間が掛かる人は、待合室からマンガ本を持参して望む人もいます。

 

献血終了後は、好きなジュースは飲み放題、お菓子も食べ放題。

 

ノベルティもたくさんお渡しします。

 

ちょっとしたアミューズメント状態。だから、あまり医療的な職場という雰囲気はありませんでした。

 

協力者の方に喜んで過ごしてもらえるようにという配慮があるので、清潔で明るく過ごしやすい場所。

 

だから、職場としても快適です。

献血ルーム、採血室など採血バイトが探せる看護師求人サービス


       



       



       

採血バイト 対象地域

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/静岡県/山梨県/新潟県/富山県/石川県/福井県/長野県/岐阜県/愛知県/三重県/奈良県/和歌山県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/